寒い懐を極寒にする……奴が来るぞぉぉぉぉ!

夏ですね。
夏といえば、自称本の虫である私、外せないイベントがあります。
それが、「新潮文庫の100冊」「ナツイチ」「発見! 角川文庫の夏」という、各出版社が毎夏に実施するキャンペーン。
この時に合わせて、特別なカバーデザインの文庫が発売されたりするので、装幀好きとしてはドキがムネムネ……じゃなかった。
胸がドキドキなのです。

今年の注目は、角川の、対象商品を一冊買うともらえるブックカバー。
手ぬぐい専門店、かまわぬとコラボしたヨーヨー柄のブックカバーが、夏っぽくておしゃれです。
文庫の装幀にもかまわぬとコラボしたものがあるのですが、今年新柄の『ポケットに名言を』が、ピンクと白のストライプで、とてもかわいいです。
ところで、期間限定のカバーといえば、私、苦い思い出がありまして……。
新潮社のカバーは、他の出版社が手ぬぐいやら人気漫画家やらとコラボしている中、単色のシンプルなデザインだったのですが、(去年は違うのですけども)その中で、『金閣寺』の、その名の通り金色のカバーがありましてね。
買おう買おうと思っているうちに……売り切れてしまったのです。

他にも、角川文庫の『不道徳教育講座』、ピンク地に水色の字で作中の文が引用されているという、キッチュ具合が一周回っていい感じのカバーだったのですが、この本、初版本以外はある項目が削除されていてですね。
これも迷っているうちに売り切れてしまいました。ぐずん。
今年は、「これだ!」と思ったら迷わず購入したいと思います。
後悔先に立たず、後に立ちっぱなしなので……。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ