加害者の会社との交渉は弁護士に頼みなさい

プロにはプロが交渉するべき

運送会社など、車をたくさん使っている会社では、自動車保険は自賠責保険だけ入っていて、任意の自動車保険には入っていない場合が多いのです。不思議に思うでしょう。事故を起こしたら任意保険に入っていなくてだいじょうぶかと心配しますが、それがそうでもないのです。
運送会社などのように大型の車を使っている会社では、任意保険をかけているとその保険金が莫大になって、逆に任意保険をかけていない方が得なのです。人身事故を起こしても、死亡事故なら白賠責保険から3000万円が支払われ、それにだいたい2000万円くらいを上乗せすれば、そんなにモメることにはならないのです。
人身事故でも、現金で支払った方が年間の保険料を支払うより安くすむのです。ですから任意保険に入らない会社が多いのです。
そのような会社と示談しなければならない時は、要注意です。
なぜなら、このような会社には事故係がいて、事故処理を得意としていますが、高圧的に事故を処理しようとします。しかもそのセリフが被害者の足元をみすかして、早くしかも低額の示談金でことをすませようとするのです。
「裁判になっても、あなたのいう金額はもらえないですよ」
「この金額だったら、すぐ現金で支払います」
「この金額で納得してもらえないなら、あとは裁判で争うしかないですね。長くなりますし、その間お金は一銭も入りませんよ」
素人とプロですから、まず自分の納得できる金額を引き出すなど無理です。ですから、弁護士を代理人にして、交渉してもらった方が早く、きちんとお金がとれます。交通事故のお金の問題ほどいやな思いをする交渉はありません。自分で交渉すれば、弁護士費用が浮くと浅はかにも考えてしまいますが、そんなに甘くはありません。プロにはプロに対抗してもらうのが一番だと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ